自己破産の条件ってありますか?【自己破産手続きのメソッド】

自己破産の条件ってありますか?【自己破産手続きのメソッド】

自己破産の条件ってありますか?【自己破産手続きのメソッド】

借金の支払いのめどがたたず、自己破産の手続きをとることを検討している人は、条件について調べておいた方がよいでしょう。
自己破産自体は、資産がないということを公に証明する手続きですので誰でも行えます。しかし、その後免責の決定を受けることによって、借金の支払い義務が免除されますので、多くの人はこれを目的に手続きをとっています。
免責を受けるための条件はいくつかありますが、借入の理由が買物やギャンブルといった浪費ではないこと、他人の名義などで借入をしたり、ローンの残る商品を転売して現金化するなどの違法な手続きを行っていないこと、過去7年以内に自己破産の手続きをしていないことなどが代表的なものとなっています。
また、これらの条件をクリアしていても、職業によっては破産手続きをすることで、その仕事ができなくなることがありますので注意が必要です。例えば、医師や弁護士、保険の外交員、警備員などの一部の仕事に関しては、破産の申立てをしてから免責の決定が得られるまではその仕事をすることができません。当然、職場や顧客から休職する理由を聞かれますので、将来的に仕事量が減ったり失業する恐れもあります。このような場合には、破産ではなく別の手続きを検討することも必要になってきますので、自分で手続きをする前に弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談しておいた方が安心です。手続きの依頼もできますので、忙しい人も申し立てが出来ます。