※教えてください!自己破産で奨学金の返済義務もなくなりますか?

※教えてください!自己破産で奨学金の返済義務もなくなりますか?

※教えてください!自己破産で奨学金の返済義務もなくなりますか?

自己破産して奨学金を返済しなくなると言ったケースは増えているそうです。奨学金はローンの一種で、学生の間に借りて、そして働き始めてから返済していくという形ととるのが普通です。これが前提として制度設計がなされていますが、ここ最近で滞納者が増えているのは、この制度設計が現代にそぐわないからだと考えられます。

大学を卒業すれば正社員として働けるという時代が長く続きました。正謝意として働くことができれば収入は安定していますから、借りたお金を返していくこともできたでしょう。しかし、今はそのような時代ではありません。大学を卒業しても非正規雇用として働く人はたくさんいます。収入が不安定な中で、毎月数万円を返済していかなければならないのですから、滞納してしまうのも無理のないことだと言わざるを得ないでしょう。

つまり、正社員として働けるという前提で奨学金を借りること自体が間違っているとも言えます。これを認識せずに、昔の日本が続いていると思って借りれば、自己破産せざるを得ない状況になることも不思議ではありません。時代が変わっているのですから、制度設計をもう少し工夫して欲しいものです。

奨学金を完済していない状態で自己破産をすれば、奨学金を返済する義務はなくなります。これは自己破産問い制度から考えてみても当然のことです。ただし、多くの場合には借りる時点で保証人を設定しているでしょうから、保証人のことにも配慮しなければなりません。