専業主婦の自己破産について|自己破産手続きの詳細とは|

専業主婦の自己破産について|自己破産手続きの詳細とは|

専業主婦の自己破産について|自己破産手続きの詳細とは|

自己破産は、借金が多くなり、また返済の目処が立たなくなった場合に行われる法的な救済措置です。自己破産をすると、一切の借金が無くなる代わりに、99万円以上の現金と20万円以上の価値がある財産を失うことになります。
一方でこの財産というのは個人の財産を指しており、配偶者などの財産は含まれません。つまり家族を構成する夫、主婦、子供の誰かが自己破産をしても原則としてそのほかの家族の財産は没収の対象になりません。
ただし、ここでポイントとなるのが、借金をしたさいの保証人の有無です。連帯保証人のうち家族の誰かがなっている場合には、当人が自己破産をしても、連帯保証人に返済請求が回ってきます。また住宅の場合には夫と主婦の共有財産とみなされる場合があり、自己破産が認められない場合もありますし、自己破産をしたさいには没収の対象にもなり注意が必要です。
また主婦に収入がなくても夫に十分な収入がある場合も同様で、主婦だけが自己破産するという条件はかなり厳しいものです。基本的には、夫の収入および財産が少なく、また家計のやり繰りの結果、破産に至るまで借金が増えた場合にのみ適用が可能といえます。または破産手続きをするにしても相当の費用がかかる点にも留意する必要があります。一般に代理で手続きをしてくれる弁護士にしても、書類を作成する司法書士にしても20万円から40万円は必要になるからです。そのため、まずは法テラスなどの法律の無料相談会で相談し、現状に即した適切な解決策を案内してもらってから行動するのが無難です。